しりとりで最強の語尾は”る” なのだろうか

おすすめ

震災当日、下半身が津波でびしょ濡れになり震えながら

先輩と夜間約4時間にわたるしりとり対決を繰り広げた福丸です

↓詳細記事はこちら↓

そんな”しりとり玄人”(笑)の私ですが、ふと疑問に思いました

しりとりで一番強い語尾は「る」なのだろかと、、、

先輩と長時間しりとりをすることで

一つの真理に気が付きました

“「る」めっちゃ強ぇぇ”

“る”から始まる言葉が少ないこと少ないこと

いつもルから始まるときのアンサータイムが異常に長いのです

その真理のもと、それ以降は、事あるごとにしりとりを吹っかけては

「る」攻めを繰り広げ

しりとり王の称号を欲しいままとしてきました

↑自称です(笑)

しかし、そんな私は、ふと、

“確かに「る」は強い、だが、最強なのか”

と疑問に思ったので調査しました

スポンサーリンク

意外と奥が深いしりとり道

言葉が少なければいいというわけではない

確かに”る”から始まる言葉が少ないのは事実ですが

言葉が少なければいいというわけでは最強とは呼べません

なぜなら

自分が攻めたい語句を攻めれるわけではないということ

例)”ぬ”のほうが”る”より単語数は少ないが、”ぬ”で終わる文字は少ない

いくら単語数が少なかったとしても攻める回数が減ると攻撃力は減ってしまいます

攻めやすい頭文字である必要がある

しりとりを制すためには、攻め続けることができる語尾力

そして、単語の少なさの両方を兼ね備えておく必要があります

ちなみに、「る」より単語数が少ない語尾は

「ぬ」「ね」「へ」があるそうです

濁音・半濁音もある

また、しりとりには“ぱ”“ば”などの

濁音・半濁音が存在します

それらの存在も加味して考慮しなくてはいけません

しりとりで最強の語尾はなんだろう

今回調査するにあたって参考にさせて頂いた記事はこちらになります

かなり参考になりました、しりとり愛がすさまじい、、、

しりとり界の”飛車”と”角”  「る」と「ず」

参考記事によると、圧倒的に攻撃力と攻撃頻度を兼ね備えていた文字は

”る”と”ず”とのこと

「ズ」で終わる単語は「ル」に比べ約半分だが、

「ズ」で始まる単語は「ル」の5分の1であるため、

あらかじめ「~~ズ」リストを用意すれば、

「ル」の5倍の速度で圧勝出来る

「しりとり」徹底分析!最強キャラ(文字)解説&5つの「驚愕」&最長の増殖しりとりへ挑戦 – Qiita

まとめると

攻撃する際の難易度が低いのは”る”

難易度は高いがより効果的な攻撃は”ず”

ということみたいです

必殺技の存在

みなさんは知っているだろうか

しりとり界必殺の奥義を

それは、“ぢ”です

なんと日本語で”ぢ”から始まる言葉はないようです、、、

そこで編み出された必殺技が

“鼻血”です

この必殺技を知っているものと対決する際には

“は”を出さずに戦い続けるか、

ルールで縛っておかなければなりません

相手の力量をリサーチすることが重要な駆け引きとなります

まとめ

上記をまとめると

しりとりで最強な語尾は”ぢ”

実用性が高い最強格の”る”と”ず”

相手の力量をリサーチした上で戦うことが重要

です

しりとり一つでも絶対に負けたくない方は

“る”と”ず”を攻めた上で、”は”が来たら”鼻血”と叫びましょう

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました