男は青 女は赤 なんでだろう?

おすすめ

トイレの標識を見て、あれ?と思いました

男の人は青女の人が赤

当たり前のように思ってしまっていましたが

色々な場面で男の人が青、女の人は赤といった使い分けがされています

どうして男の人は青”

女の人はなんだろう

と疑問に思いました

そこで、

  • 男は青、女は赤という色の認識は日本だけなのかどうか
  • いつからそのようになったのか
  • なぜ、男は青で、女は赤なのか

を気になったので調べてみました

スポンサーリンク

日本だけでなく世界でも男は青、女は赤なのか

「図解世界の色彩感情事典」によれば、

世界のほとんどの国で、男の人は青、女の人は赤という認識がされているようです

*女性の人はピンクという認識が多かった模様

日本だけではなく、世界的な認識のようです

エジプトに行った際にも注意してみておけばよかったと後悔です、、(泣)

いつから色分けは始まったのか

NHKのチコチャンに叱られる!によると

日本でトイレの標識が色分けされたのは

昭和の東京五輪からのようです

トイレマークの青と赤の使い分け起源は“東京五輪”であり、

“大阪万博”でさらに広まったとのこと

もともとはマークで男女を区別していたようなのですが

外国の方が来ることで男性でもスカートを履いたり髪が長い文化の国もあり

試行錯誤して色で分けるという方法を採用したようです

なぜ男が青で、女は赤にしたのかというと、

「アメリカで男の子は青、女の子は赤の服が多かったから」とのこと

うん、まだはっきりよく分かりませんね、、、

どうしてアメリカで男の子が青、女の子は赤の服が多かったのでしょうか

なぜ男は青で女は赤なのか

諸説によると

NHKチコさんに叱られるによりますと、

ナポレオンの時代、貴族に反発した庶民が

貴族がよく身に着けていた赤い華やかな服に対抗して

青い落ち着いた色の服を着るようになったとか、、、

女性は、代わりに赤い服を身にまとうようになったとか

【なんか少々強引すぎやしませんか?チコさん(笑))】

ちなみに、アメリカ大統領夫人がピンクのドレスを着ていたことで

女性の間でピンクが流行したとか、、、

福丸説

男は精神年齢が幼いので、青い落ち着いた服のほうが

大人っぽく見えてモテるから

若く見せたい女の人は、明るいトーンの赤やピンクの服のほうが

若く見えてモテるからという説や

女の人は女の子の日があり、

目立たないようにと昔は赤い服を着ていたのでは?

といった説です

何の根拠もない想像です、、、(笑)

まとめ

  • 男の人は青、女の人は赤というのは世界規模で認知されている
  • トイレの標識が色別になったのは昭和東京オリンピックから
  • 男の人が青い服を着るようになったのは貴族への反発から
  • 女の人が赤い服を着るようになったのは流行から

といった感じみたいです

しかし、実際のところ、あまり腑に落ちておらず、

詳細を知っているというかたは教えて頂けると嬉しいです

タイトルとURLをコピーしました