メルカリで不用品売却 メリット・デメリット

おすすめ

現在、サイドFIREを目指して日々節約生活を繰り広げている福丸です

先日、メルカリを一からダウンロードして、不用品売却をすることで約26万円の収入が得ることができました

日ごろ使わず、部屋を占領していた物たちがお金に変わりとても満足しています

不用品売却で、メルカリを利用させていただき

メルカリを利用する上でのメリットとデメリットがあることが分かりました

フリマアプリの王道といえるメルカリに新たな刺客が出現しているので

参考にしていただけると嬉しいです

スポンサーリンク

メルカリでの取引内訳

ミラーレス一眼カメラ・レンズ

カメラ本体

ソニーa7ⅲ本体:+147,800円
【商品代金165,000円-手数料16,500円-送料700円】

Nikon NIKON 1 V2:+15,500円
【商品代金18,000円-手数料1,800円-送料700円】

レンズ

TAMRON 28-75 F2.8:+57,800円
【商品代金65,000円-手数料6,500円-送料700円】

SAMYANG OPTICS14 F2.8:+20,900円
【商品代金24,000円-手数料2,400円-送料700円】

Nikon NIKKOR VR 10-30 F3.5‐5.6:+2000円
【商品代金3,000円-手数料300円-送料700円】

Nikon NIKKOR VR 18.5 F1.8:+7,800円 
【商品代金7,800円-手数料780円-送料700円】

カメラ部門全体

カメラ部門全体
商品代金282,800円-手数料28,280円-送料4,200円

+250,320円

ゲームソフト

DSソフト ルーンファクトリー3 +3,875円
【商品代金4,500円-手数料450円-送料175円】

書籍

DEATE 死とは何か +545円
【商品代金800円-販売手数料80円-送料175円】

アンチエイジング医学の基礎 +3,407円
【商品代金3,980円-手数料398円-送料175円】

ラクうまごはんのコツ +95円
【商品代金300円-手数料30円-送料175円】

古代エジプトの基本 +95円
【商品代金300円-手数料30円-送料175円】

訪問看護ステーション開設マニュアル +1890円 
【商品代金2,300円-手数料230円-送料175円】 

看護技術がうまくなる +529円
【商品代金1,010円-手数料101円-送料380円】

ゼロからわかる心理学 +536円
【商品代金790円-手数料79円-送料175円】

書籍部門全体

書籍部門全体

商品代金9,480-手数料948円-送料1,430円

+7102円

メルカリのメリット・デメリット

メリット

手軽に出品できる

実際に出品してみて一番びっくりしたことが、手軽さです

携帯で写真を撮ってバーコードをスキャンするだけで商品の情報が勝手に入力され

あとは価格を決めて出品するだけでした

アプリをダウンロードしたその日のうちから出品することができるので

とてもお手軽で始められます

配送が簡単

メルカリ便を使うことでコンビニに商品を持っていき

「メルカリ便でお願いします」と一言伝えるだけで手続きしてもらえるため

配送もとても簡単です

専門の知識などがなくても誰でも簡単に配送することができます

高く売れる

メルカリで売る前に、リサイクルショップで買い取り20%アップの広告を見て

カメラを下取りしたのですが、8万円と言われてがっかりしていました

メルカリを調べてみると15万円前後で取引されていることを知り

実際には約15万円で売ることができました

リサイクルショップなどで売却するよりも高価に売却することができます

スポンサーリンク

デメリット

手数料が高い

メルカリは売買価格の10%が一律で手数料としてかかる仕組みです

当たり前ですが、売買価格が上がるほど手数料としてかかる金額は増えるため

今回の売却だけで約3万円の手数料がとられてしまいました 

高額な売却をする際には手数料が高く感じます

そんな手数料問題に一石を投じたフリマアプリがあります

それはペイペイフリマです

ペイペイフリマが1月20日から手数料が5%に変更になっており、メルカリの手数料の半分になりました

しかし、取引件数が今のところメルカリのほうが多いため流通性はやや劣ります

流通性を取るか手数料を取るか難しいところですが、

高価な取引はペイペイフリマがおすすめになります

(ペイペイフリマの価格設定上限は30万円までなので注意)

【公式】PayPayフリマ – ペイペイフリマ|かんたん・安心フリマアプリ (yahoo.co.jp)

今回の取引でこちらのペイペイフリマを利用していれば約1万5000円ほど手数料を節約できた計算になります、、残念、、(泣)

送料がかかる

送料負担を設定できるようですが、基本的に販売元が送料負担するケースが多いです

そのため、物のサイズによって変わるものの、送料がかかってきます

売却したものが高価であればそこまで響きませんが、

書籍などの安価なもの手数料より送料が大部分を締めてしまいます

例)商品代金300円-手数料30円-175円=95円

このように、手元に残るお金が売却費の3分の1以下になります(泣)

時間や手間が多少かかる

メルカリではフリーマーケットの形式で買い手がつけば取引が成立しますが

それまでは値下げ交渉などの対応や売れるまで時間がかかります

出品数が多かったりすると、すべてを売り切るまでにはかなり時間がかかったり発送の手間ががかるので

すぐ買い取ってくれる店舗よりも面倒くささはあります

まとめ

メルカリは手軽に始められて、断捨離にとてもおすすめできます

しかし、古書などのあまり単価が高くないものや在庫を抱えやすい衣類などに関しては

店舗型の買取店で安くても処分した方が手っ取り早くいいという側面もあります

また、高価な取引に関しては手数料が安いペイペイフリマを検討してみてもいいかもしれません

価格や送料も考慮して使用するアプリを検討することをお勧めします

皆さんもフリマアプリを利用して不用品売却をすることで、懐を温めつつ、身の周りをスッキリさせましょう

タイトルとURLをコピーしました