アドセンス広告が制限されるとこうなります

ブログ

みなさん、こんにちは

絶賛アドセンス広告制限中の福丸です

今回は、私の実体験に基づき

アドセンス広告が制限されるとどうなるのか

解説していきます!!

スポンサーリンク

アドセンス広告が制限されるとは

アドセンスが制限されるとはどういった状況なのか

画像と一緒にご説明していきます

実際の表示画面

本来であれば上の図の「スポンサーリンク」に広告が掲載されるはずですが

広告が掲載されておらず、文字だけの表示です

グーグルアドセンスのポリシーセンターでは下の図のように

広告が制限されていると表示されます

お客様に影響を与える期間は30日未満とのことでしたが

本日でちょうど30日目になります、、、

悲しいです、、、

なぜ広告が制限されたのか

要因1 不正な広告クリック

無効なトラフィックの問題によって制限されているため

考えられるのは広告の不正クリックです

同一ユーザーが何度も広告をクリックすることで

広告が制限されてしまうことがあります

また、自身で誤ってクリックした場合

制限の対象になります

要因2 ブログ離れ

ブログ離れをしていたことで

月間に占めるアクセス数が

極端に少なくなりました

アクセス数が少なくなることで

不正クリックの割合が大きくなってしまういます

例)

2000アクセスで不正クリック2件

(全体に占める不正クリックは0.1%)

10アクセスで不正クリック2件

(全体に占める不正クリックは20%)

また、不正クリックが発生した際は

今までは報告していたのですが

ブログ離れのせいで、報告を怠っていました

広告制限をされないためには

アドセンス制限になって初めて辛さが分かります

原因がはっきりせず、いつ再開されるのかも不透明、、

そんなことにならないように

アドセンスを制限されない方法を紹介します

不正クリックの確認と報告

アドセンス広告が制限されないようにするためには

自身のブログをしっかり管理することが求められます

不正クリックが発生していないか

グーグルアナリティクス等でアクセス解析をして

クリック発生率(CTR)の上昇がないか確認してください

もしCTRがいつもと比較して上昇している場合は

無効なクリックの連絡フォームから

グーグルへ報告しましょう

ブログ運営のあゆみを止めない

ブログが検索サイトで上位表示されていないままで

ブログの運営を中断してしまうと、、、

アクセス数は激減します

せっかく今まで積み上げたものを

短期間で崩しかねないので

ブログ運営は継続していきましょう

広告が制限された時の対処法

気合です!!(笑)

待てど暮らせど制限が解除されません(笑)

待っていても始まらないので

せっせと記事を書き始めることにしました(笑)

最後は気合がなんとかしてくれます、、

きっと、、、

まとめ

ブロガーにとって、とても悲しい広告の制限

みなさんは、このようなことにならないように

しっかりブログを継続させていきましょう

制限されてしまった人は

気合で乗り越えましょう(笑)

タイトルとURLをコピーしました