看護師になってよかったと思うこと 7選

おすすめ

こんにちは、福丸です

もう少しで看護師になって6年になります

これまでに辛かったことや苦しかったことはたくさんありますが

それでも、看護師になってよかったなあと実感します

今回は看護師の魅力についてご紹介していきたいと思います

スポンサーリンク

看護師になってよかったと思うこと

人から感謝される

看護師の魅力はなんと言ってもこれです

サービスを提供させてもらっているのに

感謝される職業はなかなか珍しいのではないでしょうか

大学病院での集中治療室勤務から転職し

現在は、生活習慣病のクリニックに勤めています

話を聴かせてもらいながら、

一緒に身体を動かしたり、健康の相談を受けることが

主な仕事になりました

重症になる前に生活習慣から

一人一人の生活を豊かにしたいという一心で

やりたい仕事をさせてもらっている

それなのに、患者さんから感謝される

なんだ、この仕事は、、、

まだまだ自分自身、人さまから感謝されるような

立派な看護師ではなく

日々未熟さを実感しています

「ありがとう」と言ってくれる患者さんに

恥ずかしくないように成長していければと思います

たくさんの人生と関われる

看護師として、毎日約50人の患者さんと関わらせていただいています

一人ひとり、大切にしていることが違いすぎてびっくりします(笑)

価値観や生活背景が違うので当たり前なのですが(笑)

また、ご年配の方も多く、

そんなこと経験してきたの?とびっくりすることがたくさんあります

成功談や失敗談、戦争の時の話や植物や動物の話

クリニックに来る患者さんはいろいろなことを教えてくれます

どんな些細なことでも、その人の生活に入り込めた気がして

とても楽しいなあと感じます

社会に貢献していると実感できる

現在、新型コロナウイルス感染症で世界中が対応に追われています

医療従事者として役割を果たすことで

社会の役に立てているんじゃないかなと実感します

新型コロナに限らず、健康でいたいという

ニーズに応えることで自身の存在意義を再確認します

褒めてもらえる

街コンなどに参加すると、看護師といっただけで

「スゴイねえ」「エライねえ」と褒めてもらえます(笑)

務める場所によりますが看護師は基本的に激務です

集中治療室にいたころは

夜勤は立ちっぱなしで16時間

急変対応で一睡もできず

食事すらとれない

医者は寝てるのに、、、(笑)

確かに褒めてくれてもいいよね?と思ってしまう

仕事ではあります、、、

なんにしても、

褒めてもらうのはうれしいことです(笑)

仕事を選べる

看護師が気づきにくい看護師の魅力は

仕事が選べるということです

スキルアップを目指した際には高度な医療が学べる一流の医療機関に

簡単に就職することができます

また、自身が身に着けたスキルを活かして

地域の健康活動に尽力したり

夜勤専従で不定期で働き、長期休暇を取って

世界旅行をして、帰ってきてまた働いたり

子育てをしながらアルバイトをしたり

その人に合わせたライフスタイルで仕事を選ぶことができます

みんながみんな自由に仕事を選び始めると

一番過酷な最先端医療は崩壊してしまいますから

声を大にしては言えませんが、、

成長できる

看護師になって様々な経験をしました

失敗体験が7割くらい占めている気がします、、

自分自身が未熟だと感じると同時に

こんなに伸びしろがあるんだと実感します

↑ポジティブすぎる、、(笑)

看護学生の時には看護技術が苦手で再試験になったり

患者さんとの関りで教員にご指導いただいたり

大学病院勤務では抜けがありご指導いただいたり

たくさんの失敗をしている未熟な自分が

少しずつ成長し、あんなこともあったな

今はこれができるようになった

まだこれは苦手だなあ

など試行錯誤しながら成長できていると実感できます

ちなみに私はいまだに整理整頓が苦手です

↑看護師で致命的(笑)

医学的な知識が身につく

医学的な知識が身につくことで

家族が病気になった時に手助けが出来たり

自身や家族の健康管理もできます

最新の文献を理解出来たり

最先端の医療を学ぶこともできます

知的探求心が高い私にとって

とても嬉しいです

まとめ

看護師の魅力、皆さんにお届けできたでしょうか

魅力だけでなく、辛かったこともあります

看護師をやめようと思ったことや

実際、休職したこともあります

そんな私でも看護師になってよかったなあと

感じてしまうくらい魅力的な仕事です

そう思うことができるのも

患者さんや、温かく見守ってくれた

たくさんの関係各所方々のおかげだと思います

本当にありがとうございます

引き続き、看護師として、人として

成長していきたいと思います

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました